2017-10-04

恥ずかしい告白

セックスに関する思いつきに伴い、自分の恥ずかしい過去というか経験を思い出しました。ここに懺悔します。

私が中学二年生のころだと思います。
私はセックスというものを知りませんでした。おそらく授業で習っているはずなのに、なぜか私は何も知りませんでした。
もしかしたら勉強が苦手でしたので、他の授業と同様、授業中、先生の話を一切聴かず自分の世界に耽っていたのかもしれません。

それでも、女性を十分意識していましたし、女性の乳房や下半身にへの関心は人並みには持っていました。ただ、それがどのように機能し、どのような結果を伴うのかという知識が全くありませんでした。

確か暇な夏休みを自室で過ごしていたときだったかと思います。最近自分のあれが、つまりペニスがいつにも増して、気になり始めていたころです。
時折膨張する厄介なものだったのが、どうも膨張ともに「かゆみ」のようなわずらわしさを感じていたのです。

私は、何かの病気かもしれないと思いつつ、ひとりまじまじと自分のそれを眺めますが、ただ細くむなしく膨張している以外、外的問題は見つけられないでいました。
ちなみに、この時代の私は仮性包茎という状態でした。

私は、「かゆみ」の原因を突き止められず、「いっそのことかきむしってしまえ」という衝動に負けて結果を恐れず、好きなように掻きむしり始めました。爪を立てたか否か覚えていません。血が出なかったことから、虫刺されに対する掻きむしり方とは違ったのではないかと思います。

あるとき、かゆみの頂点に達したかと思ったその瞬間、私のそれは、本当にどっくんどっくんと音を立てるように波打ちながら液体を吐き出したのです。
快感よりも驚きに占められた私の頭の中にはなぜか、習ったこともない用語「精液、精液…」という言葉が何度も何度も繰り返されていました。

おそらく、友人同士が会話する、いわゆる猥談というものを聞きかじっていたのだと思います。その時に友人が先輩から聞いた話というものを思い出しました。
なんでも先輩は「ちんちんを強くこすると液体が出てくるぞ」というものです。我々は「何言ってんだ?そんなんで騙されて試すわけないだろう?」というように当時は一笑に付したものでした。

思い返してみれば、これが私の最初のカルチャーショックだったのかもしれません。
それまで信じていた常識が覆されるのです。男性器を女性器に挿入して、何かを吐き出すことを初めて理解できたのです。
確かに、雄しべと雌しべの理科の授業はありました。なんと純粋な心で、私は勉学に励んでいたのでしょう。

こうして私は、保健体育の授業の力を得ず、独学で性を理解したのです。

久しぶりの投稿

ほぼ三年、お休みしていたようです。

今朝、通勤途中に「セックスとは、性衝動の解消と快楽と承認行為のために行うものなのだ」と思いつきました。
多くの人が解説しているであろう、この根源的な問いについて言及することほど躊躇させられるものはないですね。

それでも、いったん、逃げずに解を出したいと思います。
「性衝動」という用語が正しいかわかりません。次の意味(造語)で使用しています。
「性衝動とは子孫を作るよう仕向けられるホルモンにより異性と性的交わりを求める気持ちを強く心動かされる状態」のこと。
おそらく、哺乳類でなければ湧きおこらない衝動だと思います。
寄生虫によって操られるカタツムリのように、性衝動に操られる哺乳類なのだと考えています。
それは結果を伴うものなので、人はあらゆる理由、特に異性が納得する理由を、その時々の文化レベルに応じて述べ立てる(契約する)のだと考えます。

性衝動があるから快楽があるのか、快楽があるから性衝動があるのか、おそらく前者かと思いますがよくわかりません。
例えば「嗜好品を楽しむ」場合を極端に表現すれば、「快楽を楽しむ」と言えると考えます。しかし、「嗜好品」を人類全員が楽しむかといえば違います。一部に限られます。
ゆえに、快楽を目的にセックスをする人はいても、快楽のみを目的とするのは無理があると考えます。

「承認行為」を世間では「愛」と表現しているのでないでしょうか。
「性衝動」と「快楽」とそれを肯定する理由(契約含む)を、肯定する意味も含めて「お互いに承認しあう」のだと思います。
しかし、常に「それを肯定する理由」を承認しあっているかといえば違うように思います。
むしろ根源的な意味での承認行動、お互いの存在を認め合う、認識しあう、感謝しあう、といったものではないでしょうか。
存在を認め合う、認められることは幸福なことで、一人では実現しにくいものです。

だからなんだと言われれば、なんでもないと答えざるを得ず、落ち無しで失礼しました。

2014-05-21

Tara猫最高!

なんてすばらしい猫なんだ!

youtube動画

My Cat Saved My Son


猫マニアの私の勝手な憶測ですが、おそらく「ご主人様を救う」でなく「家族(子供)を救う」という本能だったのではないでしょうか。

なんでも5年ほど前に公園で出会った猫が家までついてきて、飼い猫Taraになったとのこと。

Taraからすれば、自分の家族を守るごくごく自然な行為だったのかもしれませんが、私たちにとっては感動です。
(雌猫って雄猫より人任せにしないんですが、母性はとても強いんですよね)

画像を見れば、わかりますが、決して美猫では
ありませんw
髭は与太り、目つきも悪く、はっきり言って不細工ですw
年齢もそれなりにいっているのではないでしょうか。肉付きがよいところから10年は超えてないように思えますけど。

でも、素晴らしい! すごく良い猫です!
飼い主はサーモン1年分とも一生分とも言っているようですが、私もぜひ彼女にステーキをご馳走したい。


2014-02-12

派遣業に疑問を持つ人はいないの?

そろそろ、派遣請負業者に対して疑問を持ち始める時期じゃないですか?



~~抜粋~~
「うちの工場では、正社員は会社から支給された制服を着ています。私たちはそれに似たデザインの作業着を、レンタル料金を払って借りて着ているんです。
 社員食堂も使えますが、同じメニューでも、正社員は300円で、非正規の私たちは倍額の600円。300円という差額が示すこの隔たりに、言いようのないコンプレックスを感じます。細かいことですけど、でも、細かいことでも、積み重なると、本当に堪えるんです」
~中略~
 契約社員として働く30代の女性は、さらに悲惨な現状を吐露する。
「もともとは派遣社員として、時給で働いていたんです。残業すると残業代が発生するから、むしろ定時で帰されるような状態でした。それが、契約社員になって月給制になった途端、それまでの何倍もの仕事を背負わされるようになりました。『もう派遣じゃないんだから』というようなことを言われて、終わらない仕事は休日も出勤してこなします。
~~抜粋おわり~~

派遣先と派遣社員との軋轢の話はよく聞きます。
そして、厚労省が正規雇用を正とした、3年縛りだの、期間契約社員だのと、優秀な頭脳を結集して解決策を提示しています。

登録型派遣ではなく、特定労働者派遣に限る話ではありますが、派遣先と派遣元はどちらも正規雇用されています。待遇の違いは派遣元の待遇であり、待遇が悪いのは派遣元の質の悪さを意味しています。

翻って、登録型派遣業者はなぜ待遇を改善できないのか。派遣先は派遣元に待遇改善を要求すればよいだけではないか。
派遣費用に転嫁されるだけの話ですか?
バカバカしいw 派遣元に対して企業努力をさせない風土が最初からそこには盛り込まれているからでしょう?

派遣元が営利団体になっていることに私は非常に疑問を感じています。正しく労働者の権利を守りたいのであれば、労働力を搾取する仕組み自体に対して公共性を保証すべきです。

役割としてハローワークとどれほどの違いがあるのか?
ハローワークは公務員で派遣業は民間w
労働者から求められているものは、ほぼ同じなのではないでしょうか。

極論すれば、ハローワークに対してサービスを提供する労働支援企業や組織が存在する仕組みがあってもよいとすら思います。これが競争原理を取り入れた本当にフェアな構造だと信じていますが、段階を踏まないことには先には進まないでしょう。

全員に派遣元の仕組みに対して疑問を持ってもらうことが前提にはなりますが、まず、規制は、派遣先に与えるものではなく、派遣元にこそ与えるものであると私は信じています。

2014-01-09

頭の中にある厳しい疑問

リオ会議というものが、2012年6月20日(水曜日)~22日(金曜日)までの3日間,リオデジャネイロ(ブラジル)において,「国連持続可能な開発会議(リオ+20)」が開催されたようです。

本投稿の題名「頭の中にある厳しい疑問」とは、本会議でスピーチされたウルグアイ「ムヒカ大統領」の演説(日本語訳)の中にある言葉です。


リオ会議でもっとも衝撃的なスピーチ:ムヒカ大統領のスピーチ (日本語版)


「すばらしい!」の一言です。
わずか百数十行の文章で、これほど心ふるわせる感動させられることがあったでしょうか。
職場にも関わらず、目から涙がダラダラと零れ落ちます。
# 先ほどから、涙を拭う行為を見られないようにするのに必死ですw

とにかく、この人に世界のリーダーになってもらいたいと、心底思います。


リオ会議、良かったですね。この人のおかげで歴史に残るイベントになりました。

最後に、この文章を教えてくれた私の友人に感謝します。ありがとう。

2013-12-16

子どもに「食べちゃダメ」って言うと必ず食べる

子どもに「食べちゃダメ」って言うと必ず食べる

饅頭やプリンにラップで包んでおくと、ほぼ確実に食べなくなったそう」です。

『情報を与えないでいると「良い悪い」の判断ができず「悪い」を犯すこともできない。』

結構深い話ではなないでしょうか。

判断ができないことは「行動しない」。日常で自然と行っていることなのだろうなぁ、とつい感慨にふけってしまいました。

知らないこと、気付かないことは、何がなされていてもわからない。これは当たり前のこととしても、事実に「ラベル」が貼られなければ何もできないということでしょうか。

その対象を名づけること、その事象を名づけること、その出来事を評価することで、人は思考できるのかもしれません。
誰かが最初に色を付けてくれることにより、気付くことってかなり多いのだろうと思いました。

2013-12-06

最低端の愛のかたち

夏目漱石「こころ」を読みました。
中高生で読むものを何をいまさら、という感じですが、不勉強な私は今読みましたw

長年わからなかったことが、漱石先生の言葉を借りて明確に定義されていたので、わすれないように記録したいと思います。

「もし愛という不可思議なものに両端があって、その高い端には神聖な感じが働いて、低い端には性欲が動いているとすれば、私の愛はたしかにその高い極点を・・・」

という、主人公の先生が手紙の中で語る一節があります。

漱石先生に「性欲=愛」と断言していただきました。

これから、「愛」について、何の衒いも恥じらいもなく語ることが出来そうです。

いつもいつも、男には後ろめたさが付きまとい、それを除いた何かを見つけようとします。
それも「愛」だとするなら、なんと思考が自由になることでしょう。